凹凹MEMO

前向きでないかもしれませんが、後ろ向きになりすぎない程度の綴方・・・要するにぼやきです

装飾品

髪を染める、ピアスをする。そういう子どもへの指導は必要だと私も思います。子どもや親に理由を聞くと自分本位な答が返ってきます。最後は「俺の勝手だろ。誰にも迷惑かけてねぇんだから、いいだろ。」とおっしゃる方もいました。

気づかない子どもであり親なんですね。子どもは仕方がないとしても、親はどうなんだろう?オトナじゃないですね、少なくとも社会人としてのマナーは身についていらっしゃらないのでしょう。

社会の構成員一人一人がその場の雰囲気を作っている事が分からない。

場の雰囲気を壊している事が分からない。

余計な視覚的情報を持ち込み、学習環境を乱しているんだから、迷惑と云えば迷惑です。他人の学習環境を意図的に侵害しているってことです。

そういう意味では、教師の方も学習する雰囲気を壊さない、子どもの気を散らさない事に気を配る必要があるでしょう。仕事場なんですから、着飾るより動きやすくするのは当たり前。髪型、ネックレス、指輪、イヤリング・・・装いを飾る品物なんだから、目をひくわけです。こういう人は授業で子どもの目をどこに持って行こうとしているんだろう?

「オトナはよいけどコドモはダメ」と何十年も前の指導がまだ繰り返されています。理由自体は悪くはないとは思います。現代の風潮の中、納得する子どもは減っていると思いますが、オトナと子どもの線引きは必要だと思います。でも、もう少し教室という場所について教師自身が考えた方がよいのではないかと思うのです。

 

モチロン、そんな環境要因など関係ないくらいに学習出来る授業力や指導力があるなら、キラキラチャラチャラしても良いのです。