ちょっと凹凹

つらつら考えて・・・くよくよぼやきましょう

ゴーレス

相変わらず終わりの見えない整理活動です。小さな段ボール箱から書類に混じって本が数冊出てきました。その中に1992年発行の琉球王国の本がありまして、ついつい読んでしまって日が暮れる・・・

 

教材研究で買ったのだろうと思います。日本史を教えるのに、アイヌ史や沖縄史が薄すぎる気がしていて、どうにか入れ込みながら授業ができないモノかと思っていました。学指の歴史分野に神話が入った時にも、記紀の神話を扱う意味が理解できず、アイヌ神話や沖縄神話も一緒に紹介しました。神話に国造りが反映されているとしても、小学校の歴史で扱うべき事なんでしょうか?

例えば「因幡の白ウサギ」ですが、この話も出雲勢力と越勢力の政略結婚の話?とか考えますが、そこまで考えるの?「海幸山幸」は皇祖の話になる訳ですが、兄の海幸が隼人の先祖になって、弟が天皇家につながって、長男が家系を継いでいないから末子相続だったかも?とか?

神話は神話として考えてくれないと・・・扱うなら道徳でしょう?

自分はシュリーマンの話と天岩戸、オキクルミ、アマミクの話をまとめて10分くらいでしてました。記紀は古墳が調査されないと「真実は闇の中」です。

 

本には琉球王国を中心に沖縄の歴史が書かれている訳ですが、その中に「ゴール人」というのが出てきます。16世紀東南亜細亜で日本人或いは琉球人がその様に呼ばれていたとか。「ゴーレス」でネット検索すると出てきます。外から見た昔の琉球人or日本人というのが面白いです。

琉球王国史を見ると、南北朝どころでなく別国家だなぁと思います。日本は単一民族国家と発言して話題になった政治家がいましたが、トンデモナイ。

島津家の侵略・・・コレは侵略ですよねぇ・・・以降は島津家の支配下に置かれる訳ですが、奴隷化してますねぇ。日本には奴隷はいないと聞いていますが、コレはどうなんでしょう?サトウキビ農奴

アイヌ社会をどうとらえていたのかって難しいと思いますが、教科書には交易相手にアイヌが挙がっているので、外国と同列に見ていたのかなぁと。最上徳内間宮林蔵なんかが探検に行くのが18世紀。あまり関心がなかったんだろうね。

日本史って云うなら、中央史だけでなくちゃんと地方も網羅しないとさぁ・・・なんて思うのは少数派ナノでしょうけれど。

4回目Vakzin 3日目

2:55    36.4℃   起きてしまったので、測熱。峠は越えたかな❓丁度新聞配達の方が走って行きました。走っているけど、大きな音がしない。気の遣い方がさすがです。

4:07   36.6℃   少し上がりました。でも収まってきているのかな?

6:11   36.3℃   朝ご飯を食べて測熱したので、上がるかと思ったら下がりました。朝の体温としては高いし、軽い頭痛と倦怠感はあるので、再び寝ようと思います。

10:33   35.7℃   上の部屋の音で目を覚ましました。まぁまぁ下がってきたかな?起床時体温になった感じです。頭痛と倦怠感も軽くなってきました。

13:30   36.6℃   安定しませんねー。食べた後だからですかねー?

14:52   36.7℃   シャワー後でこの体温なら戻っているような…しっくりはきていませんが、頭痛と倦怠感は取れたかなぁと。

16:30   36.9℃   う〜ん…上がってきてる❓測り方の問題❓

16:35   36.8℃   測り直してみましたが、やっぱり上がってます。今回はしつこいなぁ。頭痛、倦怠感、筋肉痛はほぼ無いので、後は熱だけ。大事をとって明日の予定は変更です。

18:45   36.7℃   カレー白石温麺に🧄をたっぷり入れた夕食でしたが、あまり効果はなく、コレは寝てしまった方が良い感じかなぁ。

19:49   36.5℃   やっと普段の就寝前の体温の範囲になりました。起床時に上がっていたら嫌だなぁ。休日ぢゃ病院やってないし😰

4回目Vaccine 2日目

5:00 36.5℃ 頭はぼーっとしてますが、動画見てます。

7:00 36.8℃ ちょっと怠くなってきたので、2度寝をしようと思います。

9:30 37.2℃ 久しぶりの7度越え。筋肉痛もありますが、そっちは収まってきています。今回は怠さが主症状な感じでしょうか?

11:40 36.9℃ 3度寝して起きてきました。頭がもわぁっとしているのと全身の倦怠感がありますが、先程よりはマシになりました。

15:00   37.2℃   食欲はありますけど、ダル〜い感じです。寝そべって動画見てますが、それ以上動けない…

16:45   37.8℃   意外に上がってきました。コレはもう寝てしまった方が良さそうです。

19:25   37.9℃   上の部屋の音で起きてしまいました。まだ上がるのか?

 

 

4回目Vaccine

病気のデパートとまでは行きませんが、ポイントカードよりは診察カードの方が保持枚数が多い状態なので、7月に4回目を市に申請して、今月8日に券が届き、本日11:40頃に接種してきました。

運良く通院先で接種してもらえたので、注射は痛くないし、何より安心感があります。

接種前 36.8℃

14:00 36.2℃ 軽い筋肉痛という感じですね

17:00 36.5℃ 筋肉痛が広がった感じがします

19:00 36.7℃ あまり変わらないかなぁ

3回目までは緊張していましたが、4回目だしね。初モデルナであれば緊張感が出たんでしょうけれど、今回もファイザーでしたので、より安心感というか・・・帰りに遠回りして買い物するくらいの余裕がありました。明朝に変化がなければ今回のレポートは終わりかなぁ。去年の緊張感が嘘のようです。

 

技法

図画工作の授業が好きでした。教員なりたての頃に造形教育をもりあげる会の大会に参加して視野を広げてもらったのは良いきっかけだったと思います。

自分はあまり絵が巧くなく・・・空間認知能力はそんなに悪くないと思うのですが、再現性が低いんです。手と目の協応が難しいのかなぁと分析しています。最近ご無沙汰ではありますが、絵を描くのも好きです。でも油絵ですね。高校の時に不純な動機を交えて入部した美術部でしたが、最後まで石膏デッサンなど巧くできなかったです。立方体なのに四角くないとか、確認しながら描いているはずなのに眼の位置がおかしいとか・・・その点、油絵は重ね塗りができるので初心者でも割と修正がしやすいです。自分向きだなぁと思いましたね。だもんで、YouTubeでこんな動画を見つけてしまうと凄いなぁと思う訳です。

www.youtube.com

これは、最初にキャンパスに絵の具を配置する時には既に完成状態が見えているんですよね、きっと。

こういうマネを自分ができるようになりたいとは思いませんが、授業として考えたら面白いんじゃないかと思います。筆を使わずに描く、くらいの実践経験はありますが、ここまでの動画があったら、みんなで見て、「真似してみよう」はやってみたいですね。絵の具を大量消費しそうなので、小さめのキャンパスにして、絵の具基本五色は教師が準備しておきたい所です。造形遊びをしながら技法が体験できれば学習は成立するんじゃないかな。

重陽の節句

菊の節句とは云いますが、私の菊のイメージは「二本松の菊人形」なので、季節が合っていない感じがしますが、コレも旧暦のようですね。暦の行事は大体旧暦の方がシックリするようです。

五節句というと

1月7日    人日(じんじつ)の節句    七草の節句 七草がゆ
3月3日    上巳(じょうし)の節句    桃の節句 ひな祭り
5月5日    端午(たんご)の節句    菖蒲の節句 こどもの日
7月7日    七夕(しちせき)の節句    笹の節句 七夕(たなばた)
9月9日    重陽(ちょうよう)の節句    菊の節句

で、奇数=陽、偶数=陰という前提があって、陽の最大数字9が2つで重陽だそうです。11月11日は数字的には1なので重陽にならなかったのね。

そうすると1月7日が仲間はずれになりそう・・・1月1日の元日と重ねたって良さそうですが・・・。

8月8日が重陰の節句とか勝手に作ってみても良さそうです。向日葵の節句とか?6月6日が紫陽花の節句とかねぇ?

菊の節句なんだから、菊に関係のあるものねぇ・・・あまり思いつかないのだけれど。真っ先に思いついたのは戸塚の菊屋食堂ですが、湘水相模川を越えて出かける体力は無いですな。平塚にお菊塚というのもありましたね。番町皿屋敷のお皿数える人。

123時間の残業

Yahoo!ニュースを見ていたら、教員の働き方改革に関する記事がありました。

毎日新聞からの記事で、昨日、連合総研が調査の中間発表を行い、公立学校教員の残業時間が1カ月当たり平均123時間で、2015年の前回調査から大きな変化はなかった、という内容です。

気になったので連合総研さんのサイトを覗く事にしました。

www.rengo-soken.or.jp

日教組の依頼で実施。公立の小中高支教員9214人の回答平均だと云う事です。ココで思ったのは、教職員組合の存在しない地域を入れたらもっと酷くなるんじゃない?という事でした。自分も組合員でしたが、個人的に日教組と考えの合わない所が色々ありました。でも昔から地域組合には知人友人が多くて、仕事内容も度々聞いていて、ホントに色々な動きをしていて大変だなぁ、と思っています。賃金交渉だけでなく色々な働き方関連について役所と交渉してくれているため、組合が暴走に対するブレーキの役割を果たしている訳です。無かったらもっと酷い事になっていた、と云うのは容易に想像がつきます。

 

勤務日の在校等時間平均 11時間21分。勤務日の自宅仕事時間平均 46分。

勤務日の労働時間平均 12時間7 分(1日の所定労働時間を4時間22分over)

週休日の在校等時間平均 2時間6分。自宅仕事時間平均 1時間18分。

週休日の労働時間平均 3時間24分

1か月の労働時間平均 293時間46分。(月間所定労働時間を123時間16分over)

 

8:30から17:00の中に45分の休憩を挟むと7時間45分の所定労働時間になります。確かに日課表は8:30から始まります。でも例えば朝礼の開始は8:30です。8:30に出勤しては間に合いません。登校指導は特勤手当が出ていたような気もしますが、多分他のは無いよなぁ。

休憩とは昼食タイムの事で、小学校教員は給食指導で取れません。で、別な時間帯に動かすのですが、勤務時間に挟まなきゃ行けないとかの理由で、退勤間際に設定されています。日課表にもよりますが、子どもの完全下校が16:00前でしょう?休憩後の勤務が1時間無いのはどうなの?高校なんかは割り切っちゃって昼休憩を取っちゃっても良いように思いますが、どうなんでしょうか?

自分は小学校ですが、昔はその分、退勤補償されていたんですよね。16:15だったかな?退勤補償されていれば、今の時代なら会議をその時間に設定する事も少なくなるだろうし、こっちの方が合理的だと思います。ああいうのも組合が頑張っていたお陰だと思うのですが・・・

休憩取るのが無理なら早く退勤させよう、と云うのが一番シンプルで良いと思うんだけどなぁ。実際には仕事があって退勤しないんですが、「退勤しない」と「退勤できない」は違います。子どものお迎えなど、用事のある人の心の負担が減るのは大事じゃ無いでしょうかね?年休の取得率が少し上がったと報告されていますが、年休取って会議を抜けて介護や子育てをしていた同僚は多かったですから。

融通の付け所が大事だと思うんだけどなぁ。行政的にも管理職的にも。昔、他学年キャンプの付き添いかなんかで、半休もらった時に「自分のクラスの子どもと一緒に授業受けても良いですか」と校長に聞いたら「休みなさい」とは言われましたが、OKは出ました。良い時代だったなぁと思ってしまいます。

 

123時間overと云っても、私自身がクラス持っている時はコレより多かったので、あまりに酷いという実感はないのですが・・・実感的なトコロでは「高齢者にはキツい」でしょうか。

 

優先的にとりくむべき課題については、次のような結果になっています

現場レベルで「(登下校指導、学校徴収金の外部委託など)教員の業務の役割分担の見直し」(77.3%)「支援スタッフの活用」(49.6%)「校内会議の精選・会議時間の短縮」(39.8%)、「業務の偏りの見直し」(31.5%)、「時程の見直し」(30.6%)

行政レベルで「学校への教職員配置増」(93.5%)「持ち授業時数の削減を含めた定数改善」(66.4%)「少人数学級の推進」(64.5%)「支援スタッフの配置数の改善」(49.1%)[給特法の抜本的見直しと、時間外・休日勤務手当の支給]30.6%

業務・役割分担の見直しや会議の精選、日課表の工夫なんか、前世紀から取り組んでいる所はある訳で、それでも残業は減りません。支援スタッフも十数年前から種類が増えていますが、職種やヒトによっては逆に仕事が増えます。

持ち時間の削減、少人数学級は教員数増加と同じだと思うのですが、国はお金をかける事はしないので、実現はかなり遠いと思います。でもね、そもそも人が増えたら残業が減るかどうかも懐疑的なんです、私。

小規模校も大規模校も残業しているヒトが多いんじゃないかな?実際にそう云うのを見てきているし、自分が支援級で5人担任していた時だって残業あったし。事務仕事は沢山やってくるし、教材研究ってキリがないです。

現場レベルでの工夫は焼け石に水状態で、お金はないなら、仕事を減らさなきゃイケないじゃん?

評価教科と教養教科みたいな感じでざっくり分けてさぁ、給食指導までは学担による評価教科で、午後は専科や支援人員による教養教科、というのは如何でしょうか?

そうすっと、学担は午後に学年打ち合わせや教材研究、家庭連絡なんかができる。午前に未解決な個別指導を取り出しで行う事ができるようにすれば、効率的かなぁ?

一番良いのは「午前中で授業が終わる程度までカリキュラムを削減」です。行政って学校の仕事を増やす時には割と短時間でやるくせに、減らす時には「検討」は表明するけど実現した事はない。「検討使」は何も今の首相に限った事ではなく、前々からの体質でしょう?

ついでに9月始まりにできれば、春休みの分、削減量を抑制できるので良いと思うのですけれど?