ちょっと凹凹

つらつら考えて・・・くよくよぼやきましょう

○○教育法が・・・

有名人の親が行った教育方法が本になったり紹介されたりする度に、犠牲になる子がいるんだろうなぁと思って見てます。

「○○○にあこがれて」とか言いながら、野球選手やサッカー選手が語っていた方法を子ども自身が真似るのは良いと思うんですけれど、保護者が半ば強制しているのはどうなんだろう。

子どもそれぞれに特性が・・・強いところと弱いところが違うので、まず最初にその方法が子ども本人に適しているのでしょうか?って所があります。そこが後回しになるんだよなぁ。

本人に合ってなくても、自分で選択したんだったら頑張ってみるのは良い経験になりますし、モチベーションや環境によっては成功体験につながることもあります。

成功者が行ったやり方を参考にするのは良いとして、アセスメント無しにそのままやろうとしても巧く行かない事が多いんじゃないかしらん?

そういった本・・・発達障害の特性別教育方法系の本は多く購入して、来室する保護者や教員に眺めてもらったり貸し出したりしていました。自分もマニュアルが無いと不安になるタチなので、そういうトコロは共感できます。自分の場合、無いと不安なくせにマニュアル通りにできない所が難点なのですが。

たくさん購入するのは、選択できるようにするためです。理屈から経験談から紹介系から漫画系から、いろいろ置いてあれば、どれかに引っかかってくれるんじゃないかなぁ、と。また、いろいろ置いてあれば、やり方は1つじゃないんだ、と無意識にでも思えるだろうし。

お試し気分じゃない方が「○○子育て法」を買って、「巧く行かない・・・」と悩むのが悲劇の始まりのような気もします。

 

教育法って事は、家庭教育だけじゃなくて学校教育だって同じかな。

授業方法も結構「○○法」みたいなものがあって、私もいろいろやってました。一読総合とかキミ子式とか仮説実験授業とか・・・中途半端に読んで、形から入って自分勝手にその形も変えていっちゃうので、この期に及んでもオリジナルがどういうものか判っていない事が多いですが(^^;)。そういう授業方法の中にはその方法だけで支援につながるモノもありますが、やっぱり学級の実態で巧く行ったり行かなかったりします・・・学級の実態ではなくて教師の技量かなぁ。私も授業巧くなかったモノで・・・

 

子どもの実態抜きに教育方法、指導方法、支援方法が先になるのはやっぱり危険だと思いますねぇ。実験気分なら良いと思います・・・そうね、若い頃の自分に言ってあげたいですね。「授業研究は研究なんだから失敗してこそだ~」と。毎回異常に緊張してたなぁ。

体育でマスク無し という方針が出るそうです

振り返れば一斉休校が3年前の2020。その後、人数を分けた登校などがあって、今に近づいて来たんだなぁと思うと、結構時間をかけています。その位の慎重さが当たり前だと思いますよ。休校開けの時期は運動会や遠足が出来なかったりもしていましたが、復活してきていますね。

2020の後半からあちこちの小学校にお邪魔させてもらってましたが、割と早い時期から距離を取れない子はいたし、マスクが意味無し状態の子はいたし。人数が数%だったのが増えていって逆転している、という感じでしょうかね。

教室の広さは3校で測って6m×6mの36㎡。45人学級時に作られているので、単純に1人当たり0.8㎡になります。実際には黒板から座席まで舞台の距離をとるので、もっと少なかった訳です。

舞台を考えると30人学級で1㎡という計算になるでしょうか?それでも通常、黒板までの距離が1mって、近すぎるのでもっと距離をとるんじゃないかと思うと、30人学級でも1㎡は取れていない計算ですね。

物理的に距離をとるのは難しい訳です。

でもそういう理屈をこねなくても、子ども同士の距離は取れていません。

参観した教室がほぼほぼ落ち着いていないこともあるのですが、低学年は結構早い時期から、「顔はマスクにかかっているけど普通の状態」でした。「お友だちと距離をとる」この辺りの指導は難しいですねぇ。定型発達の子でも、先生が指示したからってその通りに行動するのはレベルが高いです。1年生の教室で「1mはなれるんだよ」と声をかけている先生を何人か見て、1mを習うのは何年生?とかは思ってしまいましたが・・・この機会に1mを意識させられれば「生活算数学習」で良いのですが、そんな感じにはなっていないみたいでした。学級の色も影響しますが、高学年になるほど守られている場面が増える感じですね。まぁ全部は無理ですが。中高生も登下校の様子を見ていると似たようなモンかな?と思ってます。

と云う訳で、体育でマスク無しと言われても、今更感を抱いてしまうのです。

 

それはそれとして

10年前の放射線で「安心と安全を分けて考えてることが大事」と言っていた人が政府にもメディアにも沢山いました。安心できないという人々に「科学的に安全が確認されているから大丈夫!」みたいな?最近ニュースで採り上げてくれないけど現在進行形の除去水だって同じだと思うんですが。

covid-19については科学的に安全が確認されているのでしょうかね?この場合virusの解明がどこまでされているかって事になると思いますが、「研究中」ってことが結構出てくるんで気になります。

「日本は被害が少ない」「重傷者の数が減った」なども統計なので科学的ですが、それって人々には安全じゃなくて安心の説明じゃないのかなぁ。「多くの人が大丈夫」みたいな?でも少なからず被害者が出るのは仕方が無いっていう事じゃあないのかしらん?政治とか社会ってそういうモノなのかなぁ。

教室は小さな社会ですが、自分の教室がそういう理屈で動いていくのは嫌だなぁ。できないモノはできないんですが、少なくともできることはやってから「仕方ないねぇ」となって欲しいな。少数を切り捨てる方針で学級経営は出来ないと思うんですけど。

基礎疾患のある人は重症化しやすいって今も言われています。学級では少数派になる訳ですが・・・一律に「マスクしなくていいよ」となると、「政府の方針です」とアタリを強くする人も出てきたりします。そう考えると今回、体育という場面をつけたのは良いやり方なのかも知れません。安全の根拠がもっと欲しいですが。

 

ほぼ確実

教員になったばかりの頃に「全然大丈夫」という言い方に抵抗していた時期がありました。「全然」と「全く」の違いが曖昧になって来始めた頃でしょうか。今ではもう、すっかり流されてしまって「全然OK」とか言ってしまっていますが・・・

たまたま流れてきたアナウンサーの言葉で「ほぼ確実」という言い方を本日2回聴く機会があったのですが、何か引っかかっています。

「ほぼ百点」は使います。「ほぼできた」も使います。「ほぼ確実」かぁ・・・

ほぼ100点なら100点ではありません。ほぼ出来たなら出来ていません。

ほぼ確実もイメージとしては受け取れなくないですが・・・確実じゃないんだよねぇ?でも確実なの?「もう少しで確実です」って?

極端な表現が目立つなぁと昔から思っていましたが、この辺りも印象操作なんでしょうかね。単に伝える力が弱いのでしょうかね。兎角大げさな表現がマスメディアの特性ですものねぇ。

COVID-19 vaccination day3

5:30  36.9℃  ダルさは残ってますが、大分楽になってきたかな。横になると頭がぼーっとしていて、疲れ目のような眼の違和感。歩くとふらつきます。一方で接種部位の腕は触れなければ痛みは無い状態です。

8:00  35.8℃   動画を見ている間に熱は下がりましたね。眼の違和感があるのに動画を見てたので、そこはそのまま。もう一眠りかな❓

10:00  36.1℃  眼を温めながら少し寝てみました。結構効果が出て、眼は復活!ダルさも大分抜けてきてました。

14:00  36.3℃  大体良さそうですねえ♪( ´▽`)咳払いすると、頭に響く感じの頭痛と、若干後頭部がダルいかなぁ。

16:00  36.6℃  入浴してサッパリ。風呂上がりでこの体温ならもう大丈夫かな?後頭部に少し違和感はありますが…

18:30  37.0℃  おっ、再び上がってきました。これはもう寝てしまうのが良いかな。

それにしても、1回目と2回目は発熱🥵無かったのになぁ。周りの話を聞いた限りでは3回目の方が楽だと言う事だったのに…

 

 

 

covid19 Vaccine接種3回目 day2

3:00 35.7℃ 2時前に物音がして起きてしまい、寝付けなかったのでこの時間で。ちょっと痛みが強まったかな?首の辺りのだるさや頭が重く感じる。

8:00 36.7℃ 朝一。動かさなければ痛くありません。動かした時の痛みはさっきと同じくらいかな。こめかみ・眼・後頭部に少し重さが残っているくらい。

11:30 36.4℃ 腕の痛み以外は症状はなくなりましたかね。若干後頭部がぼーっとしてますが。

15:00 37.0℃ 腕の痛みが軽くなった代わりに、少々寒気が・・・

18:30    37.8℃    16時前にダルさも出たので寝ていましたが、大きな足音に起こされて検温しました。上がってきました。

20:30     37.6℃    また音で起きてしまいました。立ち上がると全身のだるさは感じますが、寒気が少し引いてきました。頭はぼーっとしてます。

23:30      37.7℃     物音と足音でまた起きてしまいました。体のダルさと頭がぼーっとしているのはあまり変わらず、関節痛が加わったようです。

 

 

Vakzin接種 新型コロナcovid-19の3回目

8月、9月に続いて久々の接種です。今回もファイザー製です。

接種前体温 36.9°C

接種 11:39

いつものことですが、ここは注射が巧い!採血も予防接種もそれほど痛くない。接種後は特に変化がなかったので、12時ちょい前に退出。

13:15 36.1℃ 注射した場所の痛みが少々残ってます。

15:50 35.9℃ 状況変化は無し。

18:30 36.3℃ 痛み自体は弱くなったようだが、痛む部位は側腕7割くらいに広がった感じ。