凹凹MEMO

前向きでないかもしれませんが、後ろ向きになりすぎない程度の綴方・・・要するにぼやきです

見えないものは分からない2

 

教える人って常にアンテナを張ることが大事なのでしょう。

授業の仕方はこれでいいのか?とか、子どもは理解できたか?とか、そういう事を考えている教員は会話していて安心感が感じられます。教育相談をしていると、保護者の不安の背景にこの辺りの欠如があるんじゃないかなぁ?と感じられる事がちょこちょこあります。

 

真実どうか分からなくても、本人的に巧くいった実践があったとします。まぁ、巧くいったと思っていれば、次のクラスに活かすのが普通ですわ。

でも「活かす」のであって、「なぞる」んじゃダメなわけです。だって構成メンバー違うもの。

大部分の生徒が無理すれば付いていける状態だと、教える方も「これでいいんだ」と実践に自信をつけてしまうわけです。「これでいいんだ」と思うとアンテナを張らなくなるんじゃないかしら?

で、支援の相談に来た保護者に根拠なく「大丈夫です」と言えてしまったりしているのではないかしらん・・・ふぅ。

 

 

このような根拠の弱い自信の強い先生(ややこしいなぁ)が大丈夫の根拠としているのはテストかなぁ?あとは授業の小課題?点数だけでなく、個の誤答分析までしていれば見えることは増えますが…

そもそも塾に行っている子も多いし、教科書なぞっている授業では、良い実践かどうか分からないですよねぇ。指導によってつけた力なのか、他でつけた力に乗っかった指導なのか・・・?

その辺りの分析がないまま自信を持たれてもなぁ。不安を感じている保護者に向かって「大丈夫」としか言えずに、その根拠が示せないのも頷けてしまいます。

 

授業は見えないものが多い仕事なだと思っています。自信を持つには余程の力がないと・・・と思うのですがね。

老若男女に関係なく、すごいなぁと感じる授業者は、今日の実践に満足しないですよね。反省して次の工夫を考えて、という事を当たり前のようにやっています。

見えないところを見ようとしているように感じます。信用とか安心感とかはそういうところから生まれるのでしょうね。

 

見えないものは分からないって、ASDの特性として出てくるフレーズでありますが、普通に体験することが多いのではないかしら?

どんどん便利になっていきますね

「便利」って「手間がかからない」っていう事だと思ってる。

 

 「手」と「間」なんですね。「手」は力や技巧、「間」は時間でしょう。

こういうことの負担が軽くなるっていうのが「便利」って事だと思うわけです。

 

手作りにはナニガシカの器用さが必要で、製作時間もかかる。

それが「ボタンひとつ押す」になる事で、複雑な指の動きは必要なくなり、体力と時間を使うことなく効率的に作業することが出来る。

余計なことに時間をかけたくないから、生活はどんどん便利なモノであふれていくっていう流れだと思う。

 

生産力向上のために、工場は手工業からオートメーション化してきたんですよね。伝統工芸品は手作業が多いと思います。技が必要な工芸品が多いというイメージがあります。後継者不足で「技が失われる」という台詞はよく聞くのではないでしょうかね?

 

さて、生活の上でも同じ事が起こっていると私は考えるのですが、別に困っていないために、失われた技について、真剣に分析する人は多くないような・・・

 

紙工作作家みずたにいさお氏がずーっと前から言っていたのは、

「生活の中で手首をひねる動作がなくなった」

ということでした。水道の蛇口、ドアのノブなどの例を聴くと、確かにそうだなぁと。

遊びが画面型ゲームになり、コントローラーを動かすだけの動作に。

電話は携帯やスマホに。

調理機器も大変便利になりまして・・・。

色々な場面で指先のみの動きに変化してきたのですね。

 

時間を掛けなくて済むということは、待つ場面が減ることですねぇ。普段から待たないから、待てない人が増えました。もちろん子どもにも影響してます。かつて待つ生活を経験してきた人でさえ、今の生活に慣れているのではないかしらん。

 

さて、どんどん便利になっていく中で、人はどう変わるのでしょうかね?不器用で、衝動性が高い人が増えることは予想できますが、それだけで済むのでしょうか?

放っておいても視覚支援が広がるんじゃないかと思ってしまいました

落語家の桂歌丸さんの記事がyahooニュースに載っておりまして、

歌丸「裸でお盆の何が芸か」

とトップページには書かれておりまして、中身を読むと、日本語を使った芸が大事ってことかしら?言葉を使う芸が本筋みたいな?

落語って教養がないと笑えない話芸だって先輩が言ってました。私は寄席に行ったことくらいはありますが、それほど聴いているわけでは無いので詳しくないのです。歴史的な事件や和歌などのパロディー?みたいなのが噺の中に出てくるので、知らないと面白みが分からないものもあるようです。

子どもの頃に漫才ブームがありました。漫才も話芸ですよね。でも、その中でも動きで笑わせるものもあったのですわ。「コマネチ」とか有名でしょう。

コントは会話に動きが付くので、場面の臨場感が出ますよね。セットや小道具を使うと、分かり易いでしょう。

落語は、扇子と手拭いを使って色々な小道具を生み出しています。演者にも聴者にもイメージ力を求めている感じでしょうか?

そういうところからすると、裸でお盆の芸は、見たままを笑おうとするものナノかしらん。

言葉を理解するのが難しくなってきたからさ、言葉はなるたけ使わない・・・文章化しない方が良いよね。単語やフレーズを使うことで分かり易くなります。

動きだけなら何でも良いわけではありませんよ。チャップリン無声映画なんか、長いからストーリーをたどらないといけない。短くないとね。

こうやって視ると、最近のお笑いは合理的配慮してる?

逆かな?視聴者側のイメージ力が低下しているのでしょうかね。それとも、分かり易い笑いに飛びついている内にイメージ力が低下しているのでしょうか?

どちらにしても、マスコミがこれを強化しているということになりませんか?

教育改革を掲げる政治家な多いですが、本気で子どもを育てるつもりなら、マスコミやゲームに手を付けないと・・・学校だけで変わるわけないじゃん。根本は社会だよねぇ。

歌丸さんの思いとは逆に、深く考えなくても笑えるようなモノが流行っていくのでしょう。もちろん笑いだけじゃなく、世の中どんどん便利になるので、器用じゃなくても大丈夫だし、色々なところで考えなくても済みますね。この便利さの筆頭はきっと視覚支援なんだろうと、思っているのですが・・・ん?結局何の話だ?

「壁」

完成!

作業前のイメージと違うものになりましたが、まぁ、役目は十分果たしてくれるし、お金もあまりかからなかったし、楽しく作れたので、◎!

f:id:azumayamatotoro:20170603214121j:plain

見えないものは分からない

「相手の事情を想像する」というのが難しくなってきたのかなぁ。世の中は便利になったのだけれど、その分弱くなっちゃった力の一つだと思うわけです。実は私もこの面が弱いんですよ。時間をかければ想像できるのですが・・・。

相手の事情を考える機会も少なくなったのではないかしらん?携帯のおかげで、「ただ待つ」ということが激減したでしょう?すぐに連絡ができるのだもの。想像することなく答えをすぐに獲得できます。「思いを巡らす」事はないよなぁ。

連絡が取れなければ、想像する機会が訪れますが、すぐに答えが出ないことにイライラする人が多いようです。イライラは視野を狭くします。視野が狭くなっている人は、やはり想像の幅も狭いようで、自分本位な解釈に陥りやすいように思います。相手の事情を考えるより、イライラが優位になるんだなぁ。

「思いを巡らす」とか「色々な可能性を考える」ってのも訓練だなぁ、と思います。

 

壁作成中

やっと車輪を取り付けましたが、金具が出ていて、収納の邪魔?

人工芝みたいなのが安く売っていたので、それを置いてみたら、丁度良いのです、これが。

金具を使うとこうなるんだぁ・・・ということで、結束バンドを使ったらどうかしら?と考えてお店を回ったら、でかい結束バンドが売っていました。脇を小さい金具で留めて併用してみました。

f:id:azumayamatotoro:20170424134003j:plain

骨董品レベルのカラーボックス

教室に壁を造りたい!

ということで、昨年夏の研修で紹介された「壁」を造ろうと、カラーボックスを集めました。この写真のカラーボックスは、家にあったモノで、購入は1980年だったかしら?37年前のカラーボックスにしては傷みが少ない?真ん中の板はシングルレコードを置きやすいようにと当時自分で取り付けたのでした。

さあて、巧く壁ができると良いのですが・・・

f:id:azumayamatotoro:20170422205135j:plain