凹凹MEMO

前向きでないかもしれませんが、後ろ向きになりすぎない程度の綴方・・・要するにぼやきです

マイノリティーに優しくない社会の個人的体験

 2011年7月にアナログ地上波テレビ放送が終了しました。終了する1年位前からアナログ終了の文字が画面に入っていました。邪魔だなぁと思っていました。

 震災が起きた頃には、災害情報で画面が小さくなっている上、「早く地デジにしなよっ!」という押しつけっぽい宣伝にもスペースを盗られ、視聴画面が二回り以上は小さかったです。

 地デジ化の宣伝は、アナログテレビ視聴者への嫌がらせにしか感じませんでしたね。ちゃんと料金を払っているのに、あの仕打ちは無いでしょう。終了する最後まで快適に視聴できるようにして欲しかったなぁ。すごく思いますよ、今でも。

 そういった不満から、地デジ化はせずに脱テレビを選択したわけです。別に困ることは無いですよ。タレントの顔は分かりませんが、生活に影響は無いです。

 ラジオ族はマイノリティーだそうです。テレビ視聴をしない人は周りにあまりいませんし、やはり全体から見ると少数派でしょう。

 

 以前、携帯電話の機種変更をしました。欲しい機能で機種を選んだところ、ワンセグが付いていました。テレビは視ないのでワンセグはいらないのですが、この機種が欲しいなぁ、と思ったわけです。

 NHKのサイトを見ると、このケースでも受信料を払わなきゃいけないって書いてあります。なので欲しい機能をあきらめて、別の機種を買いました。だって、視ないのに受信料を払うのは納得がいかないモノ。

  じゃあ、今の機種に納得しているのかといえば、不満はあるわけで・・・そもそも何で電話にテレビを付けるの?しかも、あんなちっこい画面でさ。高齢化社会って言っている割には高齢者向けに商品開発されていないわね。

 

 今度、車を買替えようと思っています。最近の車は便利ですね。カメラが付いていて、画面を見ながら車庫入れが安全にできるような機能があります。安全に金を掛けることは納得ですね。便利だし。

 でも、ここでもまたワンセグが付いてくるんです。便利な車を買うと、受信料の分、ランニングコストがかかるわけです。おかしくないですか?

 そもそも車でテレビが視られるのはおかしくないですか?よそ見運転を助長させていますよね?これが許されるなら、スマホ運転もアリじゃん。

 

 携帯電話も車も、ラジオ族向けのラインナップにはなっていないと思うわけです。ナントカっていう大臣が携帯からの受信料搾取を後押ししているようですが、テレビ族の方には影響ないことでも、ラジオ族にとっては、負担のかかることなんです。

 こうやって自分が少数派になって不利益を被ると社会の矛盾を感じます。経験しないと分からないというところで、自分の想像力の無さを表してしまっていますが・・・

う~ん、メリークリスマス